女性の抜け毛とホルモンバランス

産後の女性の抜け毛の原因は、分娩後脱毛症と言います。
妊娠中にお腹の子供に栄養がいってしまうため、妊娠後期にエストロゲンなどの排卵の準備を行う女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭皮が、
出産で一気に働きが止まるために抜け毛が多くなってしまい、髪が薄くなるのです。

 

分娩後脱毛症になる女性は、出産経験者の約60%と言われています。
産後のホルモンバランスの影響で頭皮の状態が変化し、抜け毛だけでなく、フケやかゆみ、白髪などの症状も現れます。
出産後に症状が現れるのは、妊娠・出産時に乱れていたエストロゲンが急激に増加し、元の状態に戻ろうとすることで起こります。症状は産後3ヶ月〜6ヶ月の間によく見られます。

 

エストロゲンには毛髪を発達させる役目があり、妊娠中に抜けるはずだった毛髪が、産後に一気に抜けてしまうということも考えられています。
これは時間が経てば自然に治まる現象で、6ヶ月から1年程度で元に戻ります。

 

充分な睡眠をとり、バランスのよい食生活を心がけていれば、早めに通常のホルモンバランスに戻ります。ストレス対策として表参道の道を散歩してみてもいいでしょう。
あまり気にしてしまうとそれがストレスになってしまい、髪の成長の妨げにもなるので、血行不良や自律神経の乱れが原因で、元に戻るまでに症状が長引いてしまいます。

 

育毛剤やスカルプ系のシャンプーを使用する必要も特にありませんが、美容室では抜け毛のことも相談してみるといいでしょう。
どうしても気になる場合は産婦人科か、頭髪治療の専門クリニックに相談することをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ